株式会社 サンハート
代表取締役社長
三浦眞澄さん

 『星にねがいを』外観イメージ
 葛飾区金町で生まれ、中学一年生で高砂へ移り住んだ。「地元を離れたことは一度もないんです」と微笑む三浦さん。少女のような無邪気さとやわらかな表情が魅力的だ。
幼椎園の先生が夢だった大学生時代、アルバイトは病院の受付事務をしていた。そこで運命の人と出会ってしまう。なんと理事長の息子さんと大恋愛!そして結婚。一男一女の母となる。あきらめた夢のかわりに、かけがえのない家族を手に入れた。

入居者(ゲスト)の方々と職員
 もっと自分を輝かせたい…社会に貢献したい…存在価値が欲しい!と、ボランティアをはじめたのは25年はど前のこと。活動先の養老院で見た光景は、いまだに彼女の記憶に焼きついている。「ただ命をつなぐためだけの食事は、まるで鶏小屋のようでした。何の楽しみもなく、ただ生かされている…。お年寄りがモノのように扱われていました。」と辛そうに語る。自分の親にはこんな思いをさせたくない・‥。外出できない人でも、施設内だけで充分日々の生活を楽しめる、癒される、そんな施設をつくりたい!いつしか新たな夢が眞澄さんの中に生まれ、その強い思いがご主人一泰さん(58)の心を動かした。一泰さんが理事長を勤める高砂共立病院をはじめ、地元医療機関の強カバックアップをもつ介護付有料老人ホーム“星にねがいを”&“コスモス”の誕生だ。

デイサービスの談話室
 「入居者(ゲスト)の方がいつも、生きていて良かった!と実感できる生活環境を提供すると共に、家族の幸せもサポートしていきたい」と日々努力を続けている眞澄さん。特に評判になっているのは併設のデイサービス“ケアリゾートお茶のみともだち”で、ここでは普通あまり参加したがらないという男性の参加者の方が多いという。団体のアクティヴィティへの参加は自由。とにかく、それぞれが安心して自分の時間を自由に楽しく過ごすことができると喜ばれている。認知症予防になる“くもん楽習療法”をはじめ、“びわ葉のお灸”や“岩盤浴”なども人気の秘密だ。目指したのは「いるだけで楽しくなっちゃう場所です!」と眞澄さん。思わずほっこり笑顔になってしまう優しくて穏やかな空間に、彼女の思いの全てが詰まっているのだ☆
(株)サンハート:葛飾区細田4−2−8  рO3ー5693ー4165
◆シルバーサポート星に願いを:葛飾区細田4−2−8  рO3−5693−4165
※特定施設入所者生活介護指定事業所 東京都指定1372202919
  併設型通所介護(デイサービス) рO3−5693−9269
◆シルバーサポートコスモス:葛飾区奥戸9−16−2  рO3−5668−3810
※特定施設入所者生活介護指定事業所 東京都指定1372201036